静岡市の画材屋フランドルの中の人のブログです。画材や額縁、美術に関する情報などを発信していきたいと思います。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

WINSOR&NEWTON講習会
あけましておめでとうございます。
今日もまたひんやりした一日ですが、お正月は皆様どのように過ごされましたでしょうか?
(けんぢょは家族で紅白を見て、年が変わってからお蕎麦を食べました 笑)
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

***********
さて、2013年最初の記事はイベントのお知らせです。

1月27日(日) 13:30より静岡市安西のギャラリー十夢さんにて、
WINSOR&NEWTONの油絵具を使った講習会が催されます。
講師は現代アーティストの佐貫巧さん。

作品を描くというより、オイルの調合や顔料の基礎知識など、もう少し突っ込んだ部分の勉強会になるようです。
静岡でこういった、技術面での開かれた講習会はなかなか機会が無いので、参加してみると面白いんじゃないかと思います^^

そして実は、佐貫さんは12月に十夢さんで個展をされていたのでした。
色々とお話をさせていただいたのですが、会期中に記事をアップできなくてですね…;;(佐貫さん、本当に申し訳ありませんでした…!!)

 個展のフライヤーをぺたり。
このフライヤーからはちょっとイメージが結びつきにくい、軽やかで爽やかな作品が展示されていました。
絵具を塗り重ねた物質としての絵画がもつ、物理的な重さと時間の重さを他作品に対比させての展示とのことで。全体をひとつのインスタレーションとして提示されていました。
ここぞとばかりにあれこれ質問してしまった私にも丁寧にお答えくださって、とっても勉強になりました。

普段は静岡にいらっしゃらない作家さんですが、またこちらで個展を開かれるのを楽しみにお待ちしております〜^^


JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき
 
 平成24年度 夏季市民美術講習会(人物素描)
毎年恒例、夏の人物素描講習会の募集要項が届きましたのでお知らせします。

日時 :平成24年7月28日(土)・29日(日) 9:10から16:00まで
会場 :静岡市民文化会館 4階B・C室
内容 :裸婦モデル2名、着衣モデル(バレリーナ)1名(または2名)による実技講習会 使用画材は自由。静岡市美術家協会の理事が助言します。
参加資格 :静岡市内に住んでいるか、通勤・通学している方(高校生以下は除く)
参加料 :一人4000円(1日のみの参加でも同額です) ※静岡市美術家協会会員は3000円

参加申し込み :7月18日(水)までに、募集要項に付属のはがきを郵送。

今年も、画材の出張販売を予定いたしております。
1日を通してじっくり描き込むのも良い経験になると思いますので、ぜひぜひチャレンジしてみてください^^



JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき
 
ふじのくに せかい演劇祭
こんにちは。けんぢょです。
今日もジメジメ暑いですねー…><; 皆さま熱中症などになりませんよう、水分補給をしっかりして体調管理にお気をつけください。


さてさて。先日16日の夜、SPAC(静岡県舞台芸術センター:Shizuoka Performing Arts Center)の舞台を観にいってきました。
今月2日から開催中の「ふじのくに せかい演劇祭」の演目のひとつ、
『マハーバーラタ−ナラ王の冒険−』です。

けんぢょは宮城聰SPAC芸術総監督の演出のファンなのですが、実はSPACの公演を観るのは初めてで。まして雨天決行の野外劇場という未知の世界。
ですが生憎の雨でもわくわく、上演してみると、霧雨がまた丁度いい効果となって一層舞台世界を引きたてていました。
アジアの色々な芸能要素が混ざった神秘的な世界に、大真面目に入り込むパロディ(というかネタというか… 笑)が笑いを誘い、且つ民族楽器が奏でる心地よい迫力の音楽があり…

とっても面白かったです!!
衣装や小道具も白一色で統一され、折り形を見ているようなデザイン性というか。
夜の闇に白の陰影が映え、視覚的にも楽しませていただきました。

最後の公演が今週末23日にありますので、ぜひぜひご覧になってみてください^^
私も今度は正面で観たいなー…(舞台真横からの観劇でした。)

野外劇場のある舞台芸術公園では、屋台やフェスティバルBarが催されています。
エエラボさんのゆるキャラがまったりお出迎えの室内装飾も可愛いですよ。



JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき
 
第8回JAWA-SHOWに行って来ました
3月1日、東京は池袋にて開催された画材の見本市、JAWA-SHOWに行って来ました。
けんぢょは初めて参加させてもらったのですが、各メーカーさんの新作はもちろん、気になっていたけど実物を見たことが無い商品や、直接お会いして話をするからこそ得られる情報などなど、何かと収穫の多いイベントでした。

新しい商品も仕入れてきましたので、ぼちぼちご紹介したいと思いますね^^

さしあたって個人的に気になったものを…

来月発売予定、ホルベイン画材「くまモン」自由帳
皆さま「くまモン」をご存知でしょうか…
熊本県のゆるキャラ、黒くてほっぺの赤いアイツです。最近色々なところで目にします。
ゆるキャラの人気者と言えば彦根の「ひこにゃん」が広く知られていると思うのですが、黒いアイツ、ちゃっかり画材業界に進出しちゃってます(笑)
前に記事にしたことがある、ヒグチユウコさんとのコラボクロッキーの第2弾ということで。
いやぁすごいインパクト^▽^ 欲しい!

ちなみにヒグチさんとのコラボは、好評につき大きいサイズが次回登場するそうですよ。
また追ってご報告したいと思いますね。


そんなわけで。
次は額縁のご紹介の予定です〜



JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき
 
ワークショップに参加してきました。
前記事で書いた福井利佐さんのワークショップに参加してきました。
今回はフランドルとしてではなくけんぢょ個人での参加でしたが、静岡のアートなイベントのお知らせとして、このブログで報告させてもらっちゃいますね。


  
左 : 全体完成図(私はまだ色付けが殆ど出来てませんでした^^;) 
右 : 個人完成図(右上の細〜い線の切抜きがポイントです☆)


制作の工程は、
全体の大きな紙に参加者全員でランダムに線を追加していき下絵を作り、
それを個人に分割して切り抜き・色付け、
最後にまた合わせてみて完成という流れ。

参加者の年齢層も幅広く、カップルだったりお友達同士だったり、普段から活動されている方だったり、色々な方がいました。(ちなみに完成第一号は中学生!早い! ←けんぢょはビリケツ…)
線と円だけの組み合わせに色紙で色付けというシンプルな作業ながら、それぞれに個性が出ていて面白かったです。

講評では福井さんの原画作品を見せていただき、原画の持つ迫力に圧倒されました。来年の夏には駿府博物館で個展をされるようで。ぜひまた観に行きたいなぁと思ってます^^

こうしたワークショップのほかにも、県立美術館では毎月1週間程度の工房開放日を設けていて、日本画や版画の制作を体験する事ができます。
利用料もそんなに高くないので、ちょっとチャレンジしてみたいという人にはオススメですよ〜。

ちなみに、上記の個人作品、額装は帰ってきてから自分でしました。
やっぱり額に入れると愛着が全然違いますね。わくわくします♪



JUGEMテーマ:画材フランドルのにっき
 
市民美術講習会に参加してきました。
 7月30・31日の2日間、静岡市民文化会館にて開講された
「平成23年度 夏季市民美術講習会」(主催:静岡市美術家協会・静岡市)に参加してきました。

毎年開講されている、裸婦モデルを招いての実技講習会です。
使用画材は自由。静岡市在住か、通勤・通学されている方なら誰でも参加できます。
当店でも、毎年時期近くになると申込書を設置していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

私けんぢょは画材販売と兼ねて参加してまいりました。
裸婦は初めて描いたのですが、石膏や着衣モデルとはまた違った緊張感で楽しかったです^^

もうね、皆 さ ん お 上 手 … !!!

勉強になりました。

画材コーナーでは、新商品の下地剤と特価の平筆が人気でした★
この下地剤についてはまた後日紹介しますね〜 ふふふ